特集 がんスクリーニング検査!!

N―NOSE日記(実行経験談)

当社の代表を務めております山本です。

当社はお客様にお勧めする商品やそれに伴う特約などを社員で加入したり試したりしております。

今回私が「がん」のスクリーニング検査であるN―NOSEを試します。経緯など経験談をホームページにアップしてまいりますのでご興味がございましたらご質問でもお問合せでも結構ですのでご連絡をください。

当初SOMPOひまわり生命のサイトに一般のお客様にとても理解しにくい内容を発見し、当社ホームページ上でダメ出しをしました。その後改善と詳しい説明を受け納得したため、この度のスクリーニング検査に挑戦してみます。

☆きっかけ

当社が医療保険やがん保険をメインとして扱っている保険会社が「SOMPOひまわり生命保険株式会社」です。

当然以前から医療保険やがん保険には自ら加入をしております。その中でがん保険がリニューアルし、内容がとてもよくなったと感じたため支払いが可能な保険料でさらにがん保険に加入をしたことがきっかけです。

☆後日

SOMPOひまわり生命のホームページにてマイリンククロスWebサービスに会員登録しました。健康に関する情報や特典もあると当社社員から勧められたからです。

その中にがんリスク検査サービスと記載のバナーがありクリックすると「がん関連サービスのご紹介」なるページに移行されました。そこにテレビCMで盛んに流れていた、

がんスクリーニング検査N―NOSE

という記載があったのです!!

n-noseステーション

2022年7月25日 購入手続き

2022年7月27日 夕方N-NOSEが届く

2022年7月28日 詳細を確認し、保冷剤を冷凍室へ

2022年7月29日 午前9時30分 準備に入る

(尿を貯める箱作りに多少苦労する。なにせ不器用なもので・・・・)

さて、トイレに行く前に1杯の水を飲みほし

スポイトや検尿コップ、それに検体を入れるチューブをもってトイレに

 

もちろん検尿はスムーズに運び尿をスポイトでとりチューブに移し替えます

8分目までありました。あまりスポイトにいれすぎないように

前に述べましたように検尿に臨む

ちょっとその前に・・・・

 

29日に送られてきたキットの中に「N-NOSE検体提出手順書」にて検体の提出について確認!

検体提出手順書-1
検体提出手順書-2

まずはよく読んだうえで、私の場合は自らN-NOSEステーションに提出する方法を選択しました。

東京には現在2か所ありそのうち1か所が新宿の駅D2出口の上にあったもので。

また、もう1つの方法は自宅に検体を取りに来てもらう方法でしたが別途料金が発生するため提出を選んだ。

 

さて戻って検体を採取し、指示に従い保冷剤のポケットに入れ、保冷パックに入れる。さらに提出ボックスを組み立てて(組み立てるほどの物ではないけれど・・・)保冷パックごと入れて完了!!

 

 

検尿コップとスポイト
チューブ
検体キット
保冷バックと検体提出袋
提出ボックス

提出予約は当日から何日かおきに表示されていたので最も早く当日から31日までの間に提出予約。

私はパソコンで予約したのですがもちろんネットから予約したのですが予約と同時に受付完了の知らせが届く。早い!!

いよいよ提出に向かう

新宿駅地下からD2の出口を上がると1階にN-NOSEステーションの入り口が・・・

入口=受付

受付には女性が一人検体を持ち込まれていたようで後ろに並ぶ

すると奥から白衣の女性が出てこられ私に声をかけてくださいました

前の方の隣で検体を提出すると「ひまわり生命ですね」と声を掛けられ返事をすると、

なんと事前にわかっていたかのように5秒で受け渡し完了! 先に来られた方はまだ手続きされているのに・・・・・

「2週間から4週間以内に指定の場所に結果が送られます」と言われる。また検体を包むようにしていた」保冷剤は「通常の保冷剤よりも長持ちするのでお持ち帰りをお勧めしています」と言われ素直に持ち帰ることにした。

さぁーてこれからしばらくの間ドキドキ期間の幕開けです。

結果が出るまでのドキドキの日々

やはり2~4週間は少し長いです。

 

どのような結果がでるのか心配でもあり多少ですが妙な楽しみでもありますね